No Age

NO AGE ノー・エイジ

member:
Dean Spunt
Randy Randall

-Biography-
NO AGEは、ディーンとランディーが元々やっていた3人組、SPAZZ・パンク・ハードコア・バンド、WIVESの解散直後、2005年の終わりにベースを担当していたディーンがドラムスにパートを代えて結成。

2007年には、5枚の異なったシングルをそれぞれ彼らの友人が運営する世界各国の5つのインディー・レーベル(UPSET THE RHYTHM,Deleted Art, Teardrops, Youth Attack,PPM)からすべてアナログ・レコードでほぼ同時にリリース。UKのFAT CATからのオファーで昨年、2007年6月に、それぞれのシングルをまとめたコンピレーション・アルバム”WEIRD RIPPERS”(日本未発売)をリリース。現在の音楽メディアの中でも今、世界で一番影響力のあるブログ、音楽ポータルサイトのひとつであるPITCHFORK MEDIA(ピッチフォーク・メディア)をはじめ世界中の主要音楽メディアから高い評価を受ける。

高評価を受けた背景としてNO AGEの2人がWIVES時代から彼らの地元であるロス・アンゼルスのダウンタウンにあるボランティア運営による年齢制限のないユース・アート・スペース “THE SMELL”の運営に関わり、80年代のパンク/ハードコア・コミュニティーを手本として、MIKA MIKO,ABE VIGODA,HEALTH,SILVER DAGGERSなどなどの地元のアンダーグラウウンド・バンドによるシーンを活性化させたり、さらにアメリカ各州、さらに世界の同じにおいを持つバンド同士のシーンやネットワークを積極的に広げてきたことがあげられる。さらに地元のスケートボード・カルチャー、アート、ファッション・シーンともリンクしてきたことや、通常のライブスペースでない、アート・スペース、図書館、ヴィーガン食品ショップやロス・アンゼルス川沿いでのライブなどを敢行したりと彼らのユニークな活動方法は音楽メディアだけにとどまる事なくニュース、カルチャー、アート、ファッション・メディアからも注目されてきた。

“WEIRD RIPPERS”リリース後、数十にも及ぶ有名大手レーベルによる争奪戦が繰り広げられた末、ニルヴァーナのリリースでおなじみ老舗インディーレーベル、SUB POP(サブ・ポップ)と契約。同時期に初の日本ツアーを敢行。東京、名古屋、京都(ボロフェスタ)、大阪をまわり好評を得た。帰国後、BATTLESとの短いウェストコースト・ツアー後、2007年11月中旬に完成したのが今作、1stフルアルバム”NOUNS”「ノウンズ」。アメリカで2008年5月にリリースされPITCHFORK MEDIAでは異例のポイント9.2と破格の評価を獲得。さらにSPIN,ROLLING STONE,MOJOなど海外主要メディアでも高い評価を得て、すでに2008年を代表するリリースの1枚となっている。

さらに今年は世界中の様々なフェスティヴァルに出演。レディオヘッドやコーネリアスがNO AGEのTシャツを着用してステージにあがったり、LIARSとのカップリング・ツアーやLOS CAMPESINOS,TIMES NEW VIKINGといった注目の若手バンドとのカップリング・ツアーを敢行。さらにアメリカの3大TVネットワークのCBSのデヴィット・レターマン・プロダクション制作の名物番組クレイグ・ファーガソンの”LATE LATE SHOW”にゲスト出演して話題になったりとさらなる飛躍を遂げている。2008年はまさにNO AGE元年。2009年、さらなる注目をあびることは必至!
(Description by katoman )

weirdo rippers
New Release 5/27
No Age / Weirdo Rippers
(Tonto/Village Again VTON-0002 ¥1980taxin)

NO AGE / WEIRDO RIPPERS
ノー・エイジ / ウィアード・リッパーズ

Tonto / Village Again VTON-002

1. Every Artist Needs A Tragedy
エヴリー・アーチスト・ニーズ・ア・トラジェディー
2. Boy Void
ボーイ・ヴォイド
3. I Wanna Sleep
アイ・ウォナ・スリープ
4. My Life’s Alright Without You
マイ・ライフズ・オールライト・ウィズアウト・ユー
5. Everybody’s Down
エヴリバディーズ・ダウン
6. Sun Spots
サン・スポット
7. Loosen This Job
ルースン・ディス・ジョブ
8. Neck Escaper
ネック・エスケイパー
9. Dead Plane
デッド・プレイン
10. Semi-Sorted
セミ-ソーテッド
11. Escarpment
エスカープメント

Licensed from FATCAT RECORDS

前身のハードコア・パンク・バンド、WIVESの解散後、ほどなくして2005年にRandy Randall(g)とDean Spunk(dr, vo.)の二人によって結成されたNO AGE。彼らの地元LAの、アートや音楽のDIYスペース「THE SMELL」でのライヴ活動などを経て、2006年3月26日に、別々のレーベルから5枚のEPを同時にリリース。本作は、その5枚のEPの収録曲から選りすぐり、2007年の6月にUKのFAT CAT RECORDSよりリリースされた作品で、現在も世界中で盛り上がり続ける「NO AGE現象」の始まりと言える時期の重要な曲群を収録している。何の変哲もない二人の青年が、等身大のきらめきをシューゲイジンなノイズとローファイな爆音で炸裂させるDIYロックンロール!

No Age Japan tour 2009

5.25 (mon) Unagidani SUNSUI
OPEN 18:00 START 19:00
5,500YEN (adv.drink fee charged@door)
Guest: TELEPATHE (From Brooklyn,New York)

5.26 (tue) Daikanyama UNIT
OPEN 18:00 START 19:00
5,500YEN (adv.drink fee charged@door)
Guest: TELEPATHE / にせんねんもんだい

NO AGE/ノー・エイジ
ロサンゼルスのインディ・ロックの聖地として現代版CBGBとも言えるユース・アート・スペース、THE SMELL。その運営に関わるオピニオン・リーダー的バンドが、ディーン・アレン・スパント(ドラムス&ヴォーカル)とランディー・ランドール(ギター)によるNO AGEである。英ファット・キャット・レコーズからリリースされ好評を博したシングル・コンピレーション『WEIRDO RIPPERS』に続くデビュー・アルバムである『NOUNS』を名門SUB POPから2008年春に発表。辛口批評で知られる米PITCHFORK MEDIAでは異例のポイント9.2と破格の評価を獲得、同サイトの年間アルバム・チャート3位にも選出された。更にSPIN、 ROLLINGSTONE、NMEなど有名主要メディアでも軒並み高評価を得て、2008年 “ロックの新しい音” を代表する1枚となった。幾多のフェスティヴァル出演、LAIRS、LOS CAMPESINOS、NEW VIKINGといった注目のバンドとのカップリング・ツアーを敢行。レディオヘッドやコーネリアスがNO AGEのTシャツを着用すなど話題に事欠かない。NIRVANAを筆頭に数多くの伝説的バンドを輩出した名門SUB POPの現在の最重要アーティストである。そのサウンドはMY BLOODY VALENTINEの復活で活況を呈するネオ・シューゲーザー・シーンとも通じるものがある。祝!再来日!!

TELEPATHE/テレパシー
ブルックリンの今を切り取った最新鋭のサウンドを展開する噂の2人組、テレパシー。メリッサ・リバウダス(ヴォーカル/キーボード/プログラミング)、ビジー・ギャグニス(ヴォーカル/ドラム/キーボード)によってニューヨーク/ブルックリンにて結成。デビュー・アルバム『ダンス・マザー』はTV ON THE RADIOのデイヴ・サイテックがプロデュース。ゲストにTV ON THE RADIOのキップ・マローン、!!!のシャノン・ファンチェスが参加。2人の独特なヴォーカルとメロディー、覚醒的なリズム、シンセサイザー・ビートを多用したエレクトロ・スタイル、ポスト・パンクを経過したニューウェイヴ・サウンドは聴く毎にハマっていく不思議な魅力に溢れている。

にせんねんもんだい
1999 年、高田(guitar)、姫野(drums)、在川 (bass)により結成。東京を中心に活動。2004年に1st EP「それで想像する ねじ」、2005年に2nd EP「トリ」をDotlinecircleより発表。2006年、バンド自身のレーベル、美人レコードを設立。同年、「ろくおん」、2008年「デスティネーション・トーキョー」を発表。2004年、2005年には、アメリカ・ツアー、2008年には2度のヨーロッパ・ツアーを敢行。ノルウェーの SMALLTOWN SUPERSOUNDから初期EP2枚をカップリングした「TORI / NEJI」が海外リリースされた。今までにBATTLES、PREFUSE73、NO AGE、HELLA、THE ALBUM LEAF、MIKE PATTON、LIGHTNING BOLT、LEE RANALDO、THURSTON MOORE、CLUSTER、コーネリアス、OOIOO、BUFFALO DAUGHTER、ゆらゆら帝国、EASTERN YOUTHなど国内外のアーチストと共演。今年、バンド結成10周年を迎え、5月5日は、ミニマル・サイケ・ジャンクな彼女達らしさが詰まった1曲35分のみを収録した大作EP「FAN」をリリースする。さらに5月末からMARC RIBOT、NENEH CHERRY、THE EXなどとの共演が予定されている3度目のヨーロッパ・ツアーを敢行予定。

詳細はSmash-Jpn Hpへ
Smashjpn No Age Japan tour

Nouns

NO AGE / NOUNS
ノー・エイジ 「ノウンズ」
品番:VTON-001
¥1980(税込)¥1886(税抜)

トラック・リスト
1. Miner
マイナー
2. Eraser 
イレイサー
3. Teen Creeps 
ティーン・クリープス
4. Things I Did When I Was Dead 
シングス・アイ・ディド・ホエン・アイ・ワズ・デッド
5. Cappo 
キャッポ
6. Keechie 
キーチー
7. Sleeper Hold 
スリーパー・ホールド
8. Errand Boy 
イアランド・ボーイ
9. Here Should Be My Home
ヒア・シュッド・ビー・マイ・ホーム
10. Impossible Bouquet
インポシブル・ブーケット
11. Ripped Knees
リップド・ニーズ
12. Brain Burner
ブレイン・バーナー

– Bonus track –

13. Don’t Stand Still
ドント・スタンド・スティル
14. Male Masturbation
メイル・マスターベイション
15. When You Find Out
ホエン・ユー・ファインド・アウト
16. Intimale Descriptions
インティメイル・ディスクリプション

-Bonusvideo file-
ERASER
イレイサー

Management/Promotion/Booking/Label/News