タグ別アーカイブ: Superchunk

[Bitch Magnet 今日の1曲 +] Bitch Magnet / Knucklehead + Navajo Ace #前売ウェブ予約受付中 #11月7日 #渋谷オーネスト

あと3日。明日は22年ぶりの最初のライブが韓国、ソウルで行われます。再結成の一歩踏み出しますね。震えます。一つ前の更新やツイッターでしつこいように触れてますが、リマスター盤、本当にヤバいです。未発表テイクも興味深い!

今日の1曲ですが、Star Bootyから”Knucklehead”です。

特に初期の2枚には、彼らの結成当時、1986年、かなり大きなバンドだったHusker Du,Replacements的な疾走感あふれるノイジーな曲や短い曲がいくつかありますね。当時、彼らの契約したアメリカのレーベルThe Communion Labelは元々、FUNDAMENTALやMORDAMで働いていて、のちにディストリビューターのREVOLVER USAの創始者となるゲイリー・ヘルド(Gary Held)が1986年に始めたレーベル。

のちにCommunionはジョーブレーカー(JAWBREAKER)と契約したりするわけですが、メンバーはCommunionと契約する際にビッチマグネットがいたレーベルっていう考慮もあったらしいですよ。直接の影響があったかとかは、もっと確認検証したいところですが、ヴォーカルのブレイクの歌は、たまにスーヤンのヴォーカルを思わせるところもあったりするし、初期のジョーブレーカーのサウンドはビッチ・マグネットの”Star Booty”の頃、とくに今回紹介してる”KNUCKLEHEAD”を思わせたりもします。またRevolverにはイーストベイの重要人物Cringer,J Churchのランス・ハーンが働いてたのですが、ノースキャロライナのBITCH MAGNETそしてSUPERCHUNKそしてサンフランシスコのJ CHURCHそしてニューヨークからカリフォルニアに移ったJAWBREAKERの流れを考えるといろいろ納得の歴史があるなあって思ったりします。

そして、その流れで”UMBER”からの”NAVAJO ACE”を紹介。

ディスコグラフィー発売までビッチ・マグネットの音源はなかなか手に入れにくいので一番共有しやすいyoutubeでの共有ですが、リマスター盤の音はもちろんyoutubeで聴くより遥かにいいですよ。ただバンドの体験は、実際音源よりライブです。しつこくて申し訳ないですが、11月7日(月)の渋谷オーネストはビッチ・マグネット、にせんねんもんだい、ふくろの出演、STIFFSLACK、DISK UNIONの移動店舗出店、伝説の一夜になります!

[11月7日、来日目前秒読み状態!Bitch Magnet 今日の2曲 ] Bitch Magnet / Sea of Pearls,Big Pining

来日目前、秒読み状態の中、前の更新で触れましたが名古屋のStiffslack Recordsの出店が決定、これは自分にとってはかなりビッグニュースです。ディスク・ユニオンも、今回の再発のタイミング、リリースに向けていろいろキャンペーンをやるみたいで、当日、オーネスト出張店を出す予定になりました。来る方々のちょっとした楽しみがすこしでも増えれば幸いです。あといつも情報の拡散してくれてる方々、ツイッターなどでリツイートしてくれてる皆様ありがとうございます。引き続き、任意情報拡散部隊、通称”RTeam”よろしくおねがいします。

さて今までは”Umber”,”Ben Hur”からのピックアップでしたが、今回は”Star Booty”から”Sea of Pearls”です。

スーパーチャンクのフロントマン、マージ社長であるマック・マコーンの今回の再発にあたってのプレスPR用コメントはこんな感じ。

“Bitch Magnet created this amazing equilibrium between heaviness/prettiness and density / space.These juxtapositions were explored by a ton of bands at the time,But Bitch Magnet wrote songs”(Mac McCaughan/Superchunk,Merge Records co-founder)

「ビッチ・マグネットは、重さ/綺麗さと密度/空間の間に驚くべき均衡をクリエイトした。あの当時、多くのバンドが、このような音のバランスを探求してたけど、ビッチ・マグネットは”曲”を書いてたんだ」(マック・マコーン/スーパーチャンク,マージ・レコード オーナー)

ちょっと難しい言い回しだけどそんなニュアンスかな。

マックは、オバーリンからノース・キャロライナへ拠点を移したビッチ・マグネットのファンだったし、スーヤン・パークがが後に結成するSEAMのオリジナル・ドラマーだったり、Mergeの初期、SEAMをリリースしたりもしてる仲間。コメント通り、スーパーチャンクは結成当時からこのような均衡にトライしながら”曲”に焦点をあてていたということでも、同郷のビッチ・マグネットの影響は多大だったでしょう。”Sea of Pearls”はマックのいうようなビッチマグネットのサウンドの好例だとおもいます。

あと2曲目は”Umber”からの”Big Pining” 昔、この曲の感じは本当に好きだったな。

[Page Update] Show = Top now : 11/7(mon) Bitch Magnet チケットのウェブ予約開始!

Bitch Magnet 21年ぶり再結成!
東京1日のみのスペシャル・ショーが実現!

「たぶん、ビッチ・マグネットは他のどのバンドよりも自分の理想としている自分の音楽作りの方向性を示してくれたバンドだったと思う。」Ian Williams (Battles,Don Caballero,Storm and Stress)

1986年に結成され、アメリカン・インディー、ポスト・ハードコア、ポスト・ロックへ多大な影響を与えてきたパイオニア!ビッチ・マグネット(Bitch Magnet)!

1980年代後半~90年代初頭にかけて3枚のアルバムを残し、Slint,Don Caballero,Superchunk,Rodan,June of 44,Shipping News,Explosion In The Sky,Mogwai,Sunn O))) そして Battlesといった、後の“内省派ジャンク”や“ポストロック/マスロック”のパイオニアとして数々の重要バンドに多大な影響を与えた伝説的バンドがイギリスのフェスティヴァル”All Tomorrow’s Parties(ATP)”の”Nightmare Before Christmas”のバトルス(Battles)からの熱烈な要請によって、オリジナル・メンバーSooyoung Park,Jon Fine,Orestes Morfinの3人が21年ぶりに再結成!ここ東京でもATPに先駆けて1日のみのスペシャル・ショーが実現します!

共演は12月のATPでも共演予定の、にせんねんもんだい(Nisennenmondai)、そして、にせんねんもんだいへ影響を与えた兄貴的バンド、ふくろ(Fukuro)が決定!

Dotlinecircle-Bitch Magnet-Temporary Residence
Presents Bitch Magnet Reunion Special Tokyo Show

11月7日(月)東京渋谷オーネスト Tokyo Shibuya O-Nest (tel 03-3462-4420)
open 19:00 start 20:00
adv 4,000yen / door 4,500yen (without drink)

Bitch Magnet (from US)
にせんねんもんだい (Nisennenmondai)
ふくろ (fukuro)

チケット (Ticket):
ぴあ Pコード【153-023】
ローソン Lコード[76138]
e+
渋谷 O-Nest 03-3462-4420
Dotlinecircle
(ウェブチケット予約 Reservation 下記参照 See Below)

チケット発売中!

[total info]
渋谷O-Nest 03-3462-4420
Dotlinecircle

チケット予約:
●ドットラインサークルwebチケット予約
受付期間 10/30(日)から
予定枚数終了しだい、受付を締め切らせて頂きます。

11/7 BITCH MAGNET Special Tokyo Show web予約

ご記入の上、送信して下さい。
(返信メールを持ちまして予約受付完了とさせて頂きます。ご了承下さい。)

Soundlink

Bitch Magnet / Mesentery リマスター音源試聴、ダウンロードはこちら
Bitch Magnet – Mesentery by Big Hassle Media

Bitch Magnet / Motor リマスター音源試聴はこちら