タグ別アーカイブ: no age

公演日明日です!ノーエイジ (No Age) 推薦コメントを紹介( from ねごと、cinema staff、Lef!!!Crew!!!、なぎ食堂、Twee Grrrls Club、Sweet Dreams Press)

photo 2

公演日、明日、9月16日(火)です。渋谷TSUTAYAオーネストに集合願います。タイムテーブルですが、こんな感じになっています。18:00 open 19:00 group A 19:45 ZZZ’s 20:35 toddle 21:30 No Age

オープン後、転換の音楽はTwee Grrrls Clubから3人が担当してくれることになっています。

さてqetic webzineとのチケプレ企画応募してくださった皆様ありがとうございました。掲載の際に様々な方面からいくつかNO AGEに関するコメントをいただきました。チェックしてみてください。

見た目どこにでもいるヤンチャなアンちゃんたちやなぁと思った初来日時から早7年、多くの社会的評価を受け、立ち位置も変わった……にもかかわらず、相も変わらずのヤンチャネス、何ひとつ変わらぬD.I.Y.マインド。毎回当方のベジ屋において、ワシワシと飯をかっこみ、気楽にファンに声をかける。諸外国からのお客様、結構な頻度で「ここNO AGE来てるんだよね?」と。本当にお世話になっております!

(小田晶房/map・なぎ食堂)

もしピーター・アイヴァースが殺されることなく、68歳となった今でも『New Wave Theatre』の司会をしていたらノー・エイジをなんといって紹介するだろう? なんて妄想も幾重のギター・ノイズに覆われていく。ロスアンジェルス(行ったことないけど……)を何度も更新するノー・エイジ、その最新のそれを楽しみにしています。

(福田教雄/Sweet Dreams Press)

発電しそうなほどのエネルギーを感じるライブ、それがNO AGEのライブだ。 どんなに周りの皆がポートランドはヒップだ、ニューヨークはクールだと賞賛しようともNO AGEがいるシルバーレイクほど魅力を感じることは出来ない。私自身、ミランダ・ジュライの書くもの、パフォーマンスにほとばしるエネルギーに魅了され、それを一つの指針としている。それと同じように日本の男子がNO AGEのエネルギーに巻き込まれてしまえば良いのにと願ってやまない。

(多屋澄礼/TWEE GRRRLS CLUB)

NO AGEはライブバンドの現役最高峰 ! 俺達はいつだって彼らのライブようなDJが出来るよう目指してる!!!

(WSZ80 from LEF!!! CREW!!!)

僕もNo Ageの美しいファズギター、フィードバックノイズに憧れたバンドマンの一人です。今まで何度も機会があったのに逃していました。今回こそ轟音を浴びたい次第。

(辻友貴/cinema staff)

低空飛行でノイジーなアプローチの中に、幻想的で眩しい光を感じるNO AGE。リズムがないのに疾走感があったり、遠回しにポップだったり、不思議なバランスなんだよなぁ。私のよく行く洋服屋にはいつでも彼らのTシャツが置いてあって、でかでかと「NO AGE」と書かれれたそれはどんなデザインのTシャツが並んでても、やけに目立つ。ずるいぞ~。。

沙田瑞紀(ねごと)

Lele Saveri is Awesome!

20110917-195630.jpg

昨日、9/16 ワタリウム美術館 OnSundaysでのLele Saveriの写真集発売記念イベントに行って来ました。彼の世界初公開のショートフィルム”To Lie Under” 見ましたが、かなりよかったです。特にNo Ageの手掛けたサウンドにはかなりびっくりしました。エキサイトしましたね。

On Sundaysは、久しぶりに行きましたが、草野さんは相変わらず気さくでナイスな人でした。

TONIGHT! Lele Saveri イベント at WATARIUM!

今夜はイタリア出身の写真家、Lele Saveriのイベントがワタリウム美術館にて!No Ageが音楽担当した世界初公開の彼のフィルム上映もあります。19:00-21:00 入場は無料。

その後はechoshibuyaでLeleがDJやりますよ。
23:00 – 24:00

echoではそのあとすぐにナイスなレギュラーイベント
“HINDU LOVE”があり。

WATARIUM MUSEUM http://watarium.co.jp/onsundays/html/

●9月16日(金) 19:00~21:00
●レレ・サヴェーリ写真集『INCUBI et SUCCUBI』発売記念サイン会+フィルム上映(参加無料)

会場:オン・サンデーズB1ブックショップ

Lele Saveri レレ・サヴェーリ
VICE Magazineでフォトエディター、Apartmento、RollingStone誌等で写真を発表しているフリーランスの写真家、レレ・サヴェーリの新作写真集と本人の来日を記念してのサイン会+上映会。最新作「INCUBI et SUCCUBI」は『サスペリア』などのイタリアン・ホラー映画にインスパイアされた作品とのこと。

レレの滞在中、9月16日(金)19:00~ オン・サンデーズのブックショップで写真集の出版を記念して作家によるサイン会とフィルムの上映を行います。また、9/14 〜 18のあいだオリジナルの写真作品を中地下ショーケースで展示します。

Mika Miko解散。

mikamiko

Mika Miko is breaking up | Pop & Hiss | Los Angeles Times.

Mika Mikoの解散については7月の時点で知ってたんですけど、いつのタイミングで発表するのかなって思ってたらこのタイミングになったみたいですね。彼女達とは知り合って5年以上見てきましたがちょっと残念です。まだまだかなり若いので次のバンドとか動きに期待したいです。Tonto/Village Againから11/4発売の”WE BE XUXA”日本盤よろしくおねがいします。

けどEchoに続いて本当にかっこいいバンドがいなくなっていくのを見るのは嫌なことです。

Tonto new release:Abe Vigoda “Skeleton/Reviver” (Vton004)

AVSkeleton
AVReviver

ABE VIGODA “Skeleton/Reviver”
エイブ・ヴィゴダ「スケルトン+リヴァイヴァー」
品番:VTON-004
¥1980(税込)¥1886(税抜)
国内盤:日本特別編集盤
1stアルバム「スケルトン」そして最新EP「リヴァイヴァー」
をカップリング。一枚におさめた日本独自仕様)

ライナーノーツ:今村”SPOON”剛 (DLC S.T.)

11月リリース

ABE VIGODA / SKELETON+REVIVER
エイブ・ヴィゴダ「スケルトン+リヴァイヴァー」

トラックリスト
「スケルトン」
1. Dead City Waste Wilderness
デッド・シティ ウェイスト・ワイルダーネス
2. Bear Face
ベアー・フェイス
3. Lantern Lights
ランターン・ライツ
4. Whatever Forever
ホワットエヴァー・フォーエヴァー
5. Animal Ghosts
アニマル・ゴースツ
6. Cranes
クレーンズ
7. Live-Long
リヴーロング
8. The Garden
ザ・ガーデン
9. Hyacinth Grrls
ヒアシンス・ガールズ
10. World Heart
ワールド・ハート
11. Gates
ゲイツ
12. Visi Rings
ヴィジ・リングス
13. Endless Sleeper
エンドレス・スリーパー
14. Skeleton
スケルトン

「リヴァイヴァー」
15. Don’t Lie
ドント・ライ
16. House
ハウス
17. Endless Sleeper
エンドレス・スリーパー
18. Wild Heart
ワイルド・ハート
19. The Reaper
ザ・リーパー

ABE VIGODA 「SKELETON / REVIVER」
2003年に結成し、米・ロサンゼルスのDIYアート・スペース「THE SMELL」を活動の拠点としてNO AGE、MIKA MIKOとともにそのコミュニティを世界的に盛り上げてきたLAの4人組、ABE VIGODA。斬新なトロピカル・パンクを聞かせる2008年リリースの傑作サード・アルバム“SKELETON”に、ダークでシューゲイザー的な新境地を見せる2009年リリースの“REVIVER EP”をプラスした編集盤で遂に日本デビュー!
NO AGEを筆頭に「SHITGAZE」「ネオ・シューゲイザー」「00’sローファイ」などと呼ばれUSインディー・シーンの新勢力として世界を席巻するこのムーヴメント。本作はその動きを代表する作品の1つとして歴史を刻む重要作品と言えるだろう。
(Description by Ai Iwabuchi/Disk Union)

Tonto new release Mika Miko / We Be Xuxa CD (Vton003)

we be xuxa

MIKA MIKO / WE BE XUXA + 4songs
ミカ・ミコ 「ウィー・ビー・シュシャ」
品番:VTON-003
¥1980(税込)¥1886(税抜)
国内盤:日本盤のみボーナストラック4曲収録。
(サブ・ポップからリリースされたシングル2曲+
ライブ音源2曲)

ライナーノーツ:岩渕亜衣(Disk Union)

11月リリース!

MIKA MIKO / WE BE XUXA
ミカ・ミコ「ウィー・ビー・シュシャ」

トラック・リスト
1.Blues Not Speed
ビルト・ノット・スピード
2.Turkey Sandwich
ターキー・サンドウィッチ
3.I Got a Lot (New New New)
アイ・ガット・ア・ロット(ニュー・ニュー・ニュー)
4.Wild Bore
ワイルド・ボア
5.Sex
セックス
6.Totion
トーション
7.On The Rise
オン・ザ・ライズ
8.Beat the Rush
ビート・ザ・ラッシュ
9.Johnson R. Cool
ジョンソン・R クール
10.Sex Jazz
セックス・ジャズ
11.Keep on Calling
キープ・オン・コーリング
12.Turkey Barnyard Mix
ターキー・バーンヤード・ミックス

ーボーナストラックー
13.Sex Jazz (Extend)
セックス・ジャズ(エクステンド)
14.Bastard in Love
バスタード・イン・ラヴ
15.Beat the Rush (Live on Radio K)
ビート・ザ・ラッシュ(ライブ)
16.On the Rise (Live on Radio K)
オン・ザ・ライズ(ライブ)

MIKA MIKO 「WE BE XUXA」
2006年の1stアルバム“C.Y.S.L.A.B.F.”で鮮烈なデビューを飾り、来日公演を経てここ日本でも一躍人気者になったMIKA MIKO。2003年に結成された5人組(現在のラインナップは女子4名+男子1名)で、米・ロサンゼルスのDIYアート・スペース「THE SMELL」を活動の拠点としてNO AGEやABE VIGODAとともにそのコミュニティを世界的に盛り上げてきた立役者でもある。BLACK FLAGやSLITS、BIKINI KILLの影響を感じさせながら、それを焼き直すだけではなく自らのオリジナリティを加えて同じポジションで鳴らす等身大のパンク・スターへと成長したMIKA MIKO。彼女達が巻き起こすキュートな狂乱を詰め込んだ、ドライブ感あふれる2ndフルがここに堂々到着!
(Description by Ai Iwabuchi/ Disk Union )

Mika Miko / I Got a Lot (New New New) promo video

Directors: Lana Kim & Randy Randall
Producer: Jett Steiger
DP: Eli Born
Production Designer: Anthony Maitz
Editor: Alisa Lipsitt
(c) Post Present Medium 2009