タグ別アーカイブ: Jeremy Devine

ビッチ・マグネット / ビッチ・マグネット (ディスコグラフィー) 3xCD / 3x LP Temporary Residence TRR150 そしてジョン・コングルトン推し!

テンポラリー・レジデンスからビッチ・マグネットの今までにリリースされたベン ハー、アンバー、スター ブーティの3枚のアルバムに未発表曲、未発表テイクを加えてリマスタリングを施したトータル3枚組の完全ディスコグラフィーが遂に完成!Hi-Resアートワークと音源が届きました。収録曲は以下の通り。

LP / DISC 1 (Ben Hur ベン ハー, plus extra tracks)

Side A:
Dragoon ドラグーン
Valmead ヴァルミード
Ducks and Drakes ダックス アンド ドレイクス
Mesentery メセンテリー

Side B:
Lookin’ At The Devil ルッキン アット ザ デヴィル
Gator ゲイター
Spite y Malice スパイト ワイ マリス
Crescent クレセント
White Piece of Bread* ホワイト ピース オブ ブレッド
Sadie* セイディ

LP / DISC 2 (Umber アンバー, plus extra track)
Side A:
Motor モーター
Navajo Ace ナヴァホ エース
Clay クレイ 
Joan of Arc ジョーン オブ アーク
Douglas Leader ダグラス リーダー

Side B:
Goat-Legged Country God ゴート レグド カントリー ゴッド
Big Pining ビッグ ピニング
Joyless Street ジョイレス ストリート
Punch and Judy パンチ アンド ジュディ
Americruiser アメリクルーザー
Motor (louder mix)** モーター

LP / DISC 3 (Pre-Umber recordings アンバー デモ and Star Booty スター ブーティー)
Side A:
Punch and Judy** パンチ アンド ジュディ
Joan of Arc** ジョーン オブ アーク
Big Pining** ビッグ ピニング
Joyless Street** ジョイレス ストリート
Sadie** セイディ
Carnation カーネーション
C Word C ワード

Side B:
Sea of Pearls シー オブ パールズ
Hatpins ハットピンズ
Knucklehead ナックルヘッド
Circle K サークル K
Polio ポリオ
Cantaloupe カンタロープ

(*: non-LP track. オリジナルLP未収録曲 **: previously unreleased 未発表曲、未発表テイク)

音、聴いてますが、かなり良いです!特にUMBER,STAR BOOTYの抜けの良さ、たまらないですね。カタログナンバーがTRR150ってキリ番をとっておいてる事も再発のオファーをかけてたテンポラリーのオーナーのジェレミーいい仕事してる。

プレスリリースでジェレミーがこんな事言ってました。「ビッチ・マグネットは80年代と90年代のアンダーグラウンドの分水的役目、橋渡し的存在のバンドだったんだ。彼らは、このかなり重要な時期に挑戦してパンクを再定義するような大きな手を持っていた。そしてこの時点で紛れもない制度的のようなテンプレートの基礎を築いたんだ。長年のファンから今まで彼らの事を知らなかった人に、これらの重要な録音をあらためて紹介出来る事は自分にとって最高に名誉な事だよ。」

あとリマスターを手掛けたジョン・コングルトン (John Congleton) の仕事を賞賛したいですね。彼のファンなのでちょっとフィーチャーしたいと思います。彼は、アーチスト名を出すのがキリがないぐらい忙しいサウンド・エンジニアとして相当、有名になってきてますね。自分、Dotlinecircle的にはその昔、強烈に日本に呼びたかった、the pAper chAce(ペーパー・チェイス)のメインマンとしての印象が強いです。いまだに推したいですね。当時、ジョンとどうにか日本公演実現させたいって話をしてたけど、あまりにも周りにpAper chAceを好きな人がいなかったのでどうにも踏み切れなかったことをおもいだします。いま聴いても、彼らの独自性は孤高です。本当にかっこよかったし、かっこいいです。

the pAper chAce / Said the Spider to the Fly

ホントに過小評価されすぎで悔しいまま、今年、解散してしまいましたが、今はThe Nighty Nite(ナイティ・ナイト)を始めててこれまたペーパー・チェイス直径のかっこいい音創ってますよ。日本に来てほしいな。

The Nighty Nite / Dimes In Their Dimples

11/7 Bitch Magnetの再結成!東京でのスペシャル・ライブに,にせんねんもんだい,ふくろ出演!

ライブまでの残り約1ヶ月。やっと、告知解禁。

12月頭に行われる、UKでのALL TOMORROW’S PARTIES” NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS”のBATTLESキュレートの日の目玉として、再結成、21年ぶりのライブを行うUSインディー、ポストロック界早すぎた伝説のバンドBITCH MAGNETが東京でのスペシャル・ショーを敢行することになりました!共演は、にせんねんもんだい、ふくろ 決定!

-Dotlinecircle-Bitch Magnet-Temporary Residence presents BITCH MAGNET reunion Special Tokyo Show-

11/7(mon) 東京・渋谷 オーネスト
open 19:00 start 20:00
adv ¥4000 door ¥4500

BITCH MAGNET
(Sooyoung Park,Jon Fine,Orestes Morfin)
にせんねんもんだい
ふくろ

チケット:
ぴあ Pコード【153-023】
ローソン Lコード【76138】
e+
渋谷 O-Nest
10/7 チケット発売開始!

[total info]
渋谷O-Nest 03-3462-4420

1986年結成。同期のSlint,Bastroといったパイオニアバンドと共鳴しあい当時の新しい流れを決定づける事に一役かったBITCH MAGNETは、Battles,Don Caballero,Mogwai,Super Chunk,Sunn O))),June of 44,Rodanといったバンドに多大な影響を与えてきています。Temporary ResidenceからのBen Hur,Umber,Star Booty + αの3枚組リマスター再発盤は12月頭に発売予定。

Bitch Magnet / Mesentery 試聴、ダウンロードはこちら
Bitch Magnet – Mesentery by Big Hassle Media

本当にスペシャルでプレミアムな奇跡の来日!ぜひ当時の息吹を体験しにきてください!
共演のふくろ、そしてもちろん、10月中旬から始まるバトルスとのUSツアーから帰国、
一発目となる、にせんねんもんだい、見逃せませんよ!

“Searing post- hardcore punctuated with bruised introspection
that stands a mile high above most of its kin. … Bitch Magnet anticipated
the emergence of what would become known as ‘post- rock.’”
Mojo Magazine

“Probably more than any other band, Bitch Magnet sent me
in the direction I took with the music I have tried to make.”
Ian Williams (Battles, Don Caballero)

“Bitch Magnet created this amazing equilibrium between
heaviness / prettiness and density / space. These juxtapositions
were explored by a ton of bands at the time, but Bitch Magnet wrote songs.”
Mac McCaughan (Superchunk, Merge Records co- founder)