[Bitch Magnet 今日の1曲 +] Bitch Magnet / Knucklehead + Navajo Ace #前売ウェブ予約受付中 #11月7日 #渋谷オーネスト

あと3日。明日は22年ぶりの最初のライブが韓国、ソウルで行われます。再結成の一歩踏み出しますね。震えます。一つ前の更新やツイッターでしつこいように触れてますが、リマスター盤、本当にヤバいです。未発表テイクも興味深い!

今日の1曲ですが、Star Bootyから”Knucklehead”です。

特に初期の2枚には、彼らの結成当時、1986年、かなり大きなバンドだったHusker Du,Replacements的な疾走感あふれるノイジーな曲や短い曲がいくつかありますね。当時、彼らの契約したアメリカのレーベルThe Communion Labelは元々、FUNDAMENTALやMORDAMで働いていて、のちにディストリビューターのREVOLVER USAの創始者となるゲイリー・ヘルド(Gary Held)が1986年に始めたレーベル。

のちにCommunionはジョーブレーカー(JAWBREAKER)と契約したりするわけですが、メンバーはCommunionと契約する際にビッチマグネットがいたレーベルっていう考慮もあったらしいですよ。直接の影響があったかとかは、もっと確認検証したいところですが、ヴォーカルのブレイクの歌は、たまにスーヤンのヴォーカルを思わせるところもあったりするし、初期のジョーブレーカーのサウンドはビッチ・マグネットの”Star Booty”の頃、とくに今回紹介してる”KNUCKLEHEAD”を思わせたりもします。またRevolverにはイーストベイの重要人物Cringer,J Churchのランス・ハーンが働いてたのですが、ノースキャロライナのBITCH MAGNETそしてSUPERCHUNKそしてサンフランシスコのJ CHURCHそしてニューヨークからカリフォルニアに移ったJAWBREAKERの流れを考えるといろいろ納得の歴史があるなあって思ったりします。

そして、その流れで”UMBER”からの”NAVAJO ACE”を紹介。

ディスコグラフィー発売までビッチ・マグネットの音源はなかなか手に入れにくいので一番共有しやすいyoutubeでの共有ですが、リマスター盤の音はもちろんyoutubeで聴くより遥かにいいですよ。ただバンドの体験は、実際音源よりライブです。しつこくて申し訳ないですが、11月7日(月)の渋谷オーネストはビッチ・マグネット、にせんねんもんだい、ふくろの出演、STIFFSLACK、DISK UNIONの移動店舗出店、伝説の一夜になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.